リリンプラジナー

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

幻像結晶拘束体ブラットス テンプレートの称賛 第二世代型テムジンの試作型。開発は 「RP リファレンス・ポイント」 だが、FRと白騎士団からの大幅な技術供与も受けている。.

しかしVCa6年になると、FR上層部での内紛が加速し、その調停役であった総帥リリン・プラジナーを退職に追い込んでしまった。 リリンは団長の職も解任されて火星へと亡命することになり、以後団長の座は空席となる。. ムーンゲート覚醒 アイザーマン博士 と CV:辻谷耕史 で戦いを挑まれる。後に明かされるが、これは戦闘状態に入った主人公機のVコンバータの波長を確認し、シャドウ化が始まっていないか =先の戦闘で汚染を受けていないか 確かめるため。 当然ながらゲーム中最強格の敵なので、一周目などではアーケード経験者ですら初見勝ちは厳しいが、負けてもゲームオーバーにはならないので大丈夫。所謂 負けイベ である。. 第二世代型のテムジンはそもそも「白虹騎士団のVRを更新すべき新型テムジン」の開発計画が先にあり、商用のテムジンはそのデチューン仕様となっている。 つまりこのテムジンは騎士団用VRの試作機であると同時に、商用のMBV試作機でもある。.

RNAVR3L3 Cinderella HeartP. FR. DNFRVR VR.  VC920VVBBBV2 V2VV VOSMSBSXMU リリンプラジナー VR VVVOSMSBS.

  • 逆に汚染度の低い個体なら一般の商用VRでもある程度の抵抗は不可能ではないが、しかしこの場合はまた別の問題が発生する。 シャドウVRには外部に対する一種の侵食作用があり、これと対峙したVRパイロットは憎悪、怨嗟、敵意、混沌といった負の感情を精神の奥底から強く引きずり出される。 そう、シャドウVRを相手にしても簡単にはやられないようなパイロットの場合、今度は逆に 自身がシャドウVRへと変異してしまう 危険性があるのだ。. そして地球圏最大の企業国家であるFRが採算度外視で予算をつぎ込んでいるだけあって、その強さはまさしく別格。 装備・人員・権限・情報など、あらゆる面で営利軍隊とは隔絶した超高レベルを誇り、規模こそ1艦隊ながら名実ともに地球圏最高の軍事力とみなされている。.
  • 極端な拒絶ではなかったにせよ、マージナルはアダックスの進出を歓迎しなかった。棄民であることを自覚している彼らが、かつての故郷からやってきた人間達を無条件に信用するはずがない。しかし、孤立主義に拘泥するほど頑なでもなく、幾ばくかの条件闘争を経て、両者の間には協定が成立する。マージナルは、火星圏に限定戦争市場の構築を認める見返りに、そこから上がる収益の3割を受け取る権利を得た。 また、アダックスが自前のVRを開発する際に必要となる技術についても、アイザーマン博士の同意を得てライセンス・アウトされた。主要なものは2点あり、定位リバース・コンバート用ハイブリッドVコンバータ、及び、マーズ・クリスタルの干渉作用を克服するフィルタリング法である。 しかし、アダックスが解決すべき課題は他にも山積していた。特に、マーズ・クリスタル質の確保は重要だった。火星圏で稼働するVコンバータ用のVディスクには、マーズ・クリスタル由来の結晶質が必須だったのである。困難な交渉を経てマージナル側が輸出に合意すると、ようやくアダックスは新型VRの開発に着手できるようになった。結果、生み出された ボックス(VOX)系VR は、後に 第3世代型 と呼ばれる最初の機体群となる。 VCa6年、アダックスは限定戦争の新たなフィールドとして 火星戦線 の設立を宣言、プロモーションを開始する。当初、オラトリオ・タングラムの盛況もあって、辺境の星での運営や可能性に疑念を抱く向きも少なくなかったが、FRの専横を敬遠する風潮は確実にあった。たとえばRNAの場合、マルチ・マーケット戦略を採用、地球圏と火星圏とで各々 tRNA 、 mRNA と組織を二分し、火星戦線に参入した。VRメーカー大手であるTVがこの動きに同調すると、関連企業も徐々に参入へと舵を切るようになる。.

電脳暦 2. フレッシュ・リフォー台頭 ちなみに名前の由来は 「マジで強ぇー」 らしい。 ホンマDr. MSBSver5 シャドウVR討伐と言う極めて危険かつ困難な任務に従事する白虹騎士団には、 専用に開発された特殊なVR が配備されている。 確認されている機体は全て 貝細工 だが、他の系列のVRを保有しているのかどうかは定かではない。. 二物を与えず 「FF テムジンファイアフライ」 に襲撃される。 「 自害しろ、セイバー (意訳)」とのリリンの勧告を鼻で笑いこれと交戦、圧倒的な技量差・性能差を持ってファイアフライを半壊状態へと追い込むが……ここから先はハセガワのキットを決断的に購入だ(ダイマ)。.

  • OMGの真実 ちなみに名前の由来は 「マジで強ぇー」 らしい。 ホンマDr.
  • 顕在化する対立

VC903VR CIS VR VR リリンプラジナー MSBS171411VCISVR テラモリ アンコール ネタバレ VR. 1V 6. DNA FF ……. V CIS V リリンプラジナー OT DN VC86 0 V.

極端な拒絶ではなかったにせよ、マージナルはアダックスの進出を歓迎しなかった。棄民であることを自覚している彼らが、かつての故郷からやってきた人間達を無条件に信用するはずがない。しかし、孤立主義に拘泥するほど頑なでもなく、幾ばくかの条件闘争を経て、両者の間には協定が成立する。マージナルは、火星圏に限定戦争市場の構築を認める見返りに、そこから上がる収益の3割を受け取る権利を得た。 また、アダックスが自前のVRを開発する際に必要となる技術についても、アイザーマン博士の同意を得てライセンス・アウトされた。主要なものは2点あり、定位リバース・コンバート用ハイブリッドVコンバータ、及び、マーズ・クリスタルの干渉作用を克服するフィルタリング法である。 しかし、アダックスが解決すべき課題は他にも山積していた。特に、マーズ・クリスタル質の確保は重要だった。火星圏で稼働するVコンバータ用のVディスクには、マーズ・クリスタル由来の結晶質が必須だったのである。困難な交渉を経てマージナル側が輸出に合意すると、ようやくアダックスは新型VRの開発に着手できるようになった。結果、生み出された ボックス(VOX)系VR は、後に 第3世代型 と呼ばれる最初の機体群となる。 VCa6年、アダックスは限定戦争の新たなフィールドとして 火星戦線 の設立を宣言、プロモーションを開始する。当初、オラトリオ・タングラムの盛況もあって、辺境の星での運営や可能性に疑念を抱く向きも少なくなかったが、FRの専横を敬遠する風潮は確実にあった。たとえばRNAの場合、マルチ・マーケット戦略を採用、地球圏と火星圏とで各々 tRNA 、 mRNA と組織を二分し、火星戦線に参入した。VRメーカー大手であるTVがこの動きに同調すると、関連企業も徐々に参入へと舵を切るようになる。.

バーチャロンシリーズの舞台となる電脳暦世界では、基本的に軍隊とは限定戦争という「ビジネス」のための 営利武装団体 のことを指す。 対して白檀艦隊は営利を目的とせず、純粋に任務達成のためだけ存在する組織であり、いわば 本来の意味での「軍隊」 に近い存在と言える。. VRとは限定戦争用に人類社会で広く使用されている 巨大ロボット だが(詳細は VRの項目 を参照)、非人類起原のオーバーテクノロジーを基礎としているため、危険な欠陥のいくつかが未解決のまま運用されている。 シャドウVRが生まれる要因となる 「 Virtual-on バーチャロン 現象」 もその一つで、VRの全機能のコアにあたる 「Vクリスタル質」 に因む構造的欠陥である。.

リバース・コンバート 7.

RNAVR3L3 Cinderella HeartP. OMG リリンプラジナー ! VR VR VR VR .

タングラム召喚 トリストラム・リフォーは、木星以遠の外惑星系と地球圏を結ぶ、新しい物流システムを構築することに意欲的だった。外惑星系で産出する資源を地球圏に輸送する際、当時主流だった インペリアル・ライン が、宙航船舶依存の旧態依然としたものだったので、改善の余地があると考えたのである。ロジスティックス業界は、既得権益が複雑に絡みあう伏魔殿となって久しく、新規参入を拒み続けていたが、リフォーには腹案があった。Vクリスタルを核とするネットワークの転送機能を応用することで、まったく新しいシステムを構築するのだ。彼は、これこそがOT業界興隆の起爆剤になると確信、 ロジスティックスV計画 と命名して積極的に取り組む姿勢をみせた。 計画は、ムーン・クリスタルとアース・クリスタルの2極間転送実験からスタートする予定だった。双方のVクリスタルの管理については、月面側がDU、地球側をTSCの担当とし、後者についてはヤガランデの惨劇の再発を未然に防ぐため、 幻像結晶拘束体ブラットス の構築を主軸とする対策が進められた。 極秘裏に進められた予備実験は順調に推移し、しかし中途でRNA側に情報が漏洩したためアクシデントが発生した。VCa2年、旧オーストラリア大陸の残滓、 TAI(テラ・アウストラリス・インコグニタ) で開催されていた限定戦争興行サンド・サイズ戦役において、実験システムを盗用する事件が起きたのである。RNAの造反者と、DNA側の一部の者(SHBVD所属)が結託し、VRの強制転送、すなわち 定位リバース・コンバート 黒子 ミスディレクションオーバーフロー 一方、DDで開発された第2世代型VR HBVライデン は華々しく初陣を飾り、評判になった。 定位リバース・コンバートしたVR DDが開発した第2世代型VRライデンは、月面背側からTAIへの定位リバース・コンバートを成功させた。.

リリン・プラジナーの擁立

VR. 1V 6. VCa0VFRVR6SM1VRVR リリンプラジナー. VC84DN79 DN V V V. G16DN1V0 2. VRVROMG88FR VR VRDNA 9VR VR.

木星継承戦争 アイザーマンの足跡についての記述が比較的信憑性を増すのは、VCa0年以降のことである。当時、すでに博士はVコンバータの工学分野において他の追随を許さない才能と実績を誇示していた。フレッシュ・リフォー(FR)によるVRの開発禁止が通告された時期ではあったが、これを無視して第6プラント「サッチェル・マウス(SM)」で活動を開始、第1世代型VRバイパーをベースに数々の画期的な試作機をつくり出した。これらは、後に火星圏で誕生した屈指の傑作機、マイザー系VRへとつながる技術的端緒となった。 遡ってVC9d年、博士は火星においてマーズ・クリスタルの結晶鉱滓ブラックベリーを発見、調査過程で重要な着想を得たといわれている。以後、数々の試行錯誤を経て、異なるVクリスタル質(たとえばアース・クリスタル由来、マーズ・クリスタル由来、等)による多層ディスクの製作に成功した。また、このディスクを搭載したハイブリッドVコンバータを用いて、VR単体での長距離遷移、いわゆる定位リバース・コンバートの実用化にも目処をつけた。これがオーバーテクノロジー(OT)業界に与えた衝撃は大きく、地球圏での普及こそVCa6年以降だったものの、その結果誕生した第3世代型VRは旧世代機を駆逐し、地球圏から木星圏にいたる広大な領域で多様な活躍をした。.

ミミー・サルペンの出自は上級階層(ルビ:アッパー・レイヤー)のHX-S8で、生体モデルは俗にナチュラルと呼ばれるタイプである。HX-S8に属する人々は代々、身体面での強靭性、特に抗老化志向のアップデートを重ねてきた。このため、概して成長速度は緩やか、そして長命である。年齢は電脳暦と同様の16進数でカウントされる。 HX-S8は、前暦で盛んに開発された高機能兵士用の生産ラインをベースに成立した自治組織で、電脳暦に更新された後も限定戦争市場に優秀な人材を多く輩出することで知られている。彼女の場合もその例にもれず、特に積極果断な資質と戦闘センスに関しては秀でたものがある。またそれとは別に面倒見のよい一面を併せもち、部下には彼女を慕うものが少なくない。.

  • Kojika 20.09.2021 06:40

    そして地球圏最大の企業国家であるFRが採算度外視で予算をつぎ込んでいるだけあって、その強さはまさしく別格。 装備・人員・権限・情報など、あらゆる面で営利軍隊とは隔絶した超高レベルを誇り、規模こそ1艦隊ながら名実ともに地球圏最高の軍事力とみなされている。. 白虹騎士団